ローンを返済できなくなったらどうなるか

キャッシングベスト3

職を失うなどでローンを返済できなかったらどうなるの?

車が欲しいのでローンを組もうかと考えているのですが、このローンの返済について知っておきたいです。例えば、ローンを組んで車を買って、返済中に職を失ったりして収入がなくなり、ローンを返済できなくなったら、購入した車はどうなるのですか?

原則的には借金になるか車を競売にかけられます

ローンを返済できなくなるというこてゃ、その商品の代金を支払えなくなるということです。当然その商品の所有権を失います。しかし、途中までローンを支払っている場合は、少し対応が難しくなります。この場合、大きく二つのケースに分けられます。ひとつは商品の所有権を維持したまま、債務としてローンの支払いを続ける場合。このケースになるのは、マイカーローンで考えてみます。車をローンで購入して、その車が事故などで大破したとします。こうなった時、ローンが支払えないからといって車を返してもらうことはできません。その場合、ローンの残りをそのまま借金として契約者に支払わせることで問題を解決します。また、次に紹介しますが、競売で売ったとしても大した価値にならないと判断した場合も、このように債務としてローンを支払わせる方法を取ります。

ローンが支払えなくなった時に、その商品にまだ価値が十分にある場合、競売にかけて、その売上で残りのローンを相殺する方法が取られることもあります。当然相殺しきれない文は、契約者の債務として残りますが、負担はだいぶ減ります。しかし、この方法をとれば現物はなくなりますし、契約者にとっては純粋に損になります。

どちらの方法を採るにしても、ローンを組んだ契約者にとってはいいことはあまりありません。ローンの支払い義務は絶対なので、途中で返済できなくなるといったことにはならないようにしっかりと返済計画を立てることが重要です。

カードローンとキャッシング:返済できなかったら

最近では、借金に対する抵抗感がだんだんと薄れてきており、ふとした理由で簡単に借金をする方が増えてきました。また、日頃我々が使っているクレジットカードなどを用いた決済などもある種の借金と言えるでしょう。

このように、今では借金がかなりライトな考え方になっています。しかし、カードローンやキャッシングと言った簡単に借金ができる制度があるからこそ、返済できなかったらどうなってしまうのかを考えておく必要があります。そもそも、キャッシングは、ATMでカードを用いてお金を下ろして、翌月に一括払いで返済を行っていく方法であり、カードローンは、返済は翌月以降で分割で払っていくのが普通です。これだけを聞くと、キャッシングよりもカードローンの方が面倒でないような気がしますが、カードローンは返済不能に陥る可能性が高いのです。

というのも、他の融資方法と比較して、金利が高くなっていることが多く、場合によっては年率で29.2%の利息が付いてしまうこともあります。返済期間が長くなれば、利息の割合自体は減っていきますが、それでも最終的に支払う利子の額はどんどん膨らんでいきます。ですから、返済不能に陥るほどに利息が溜まってしまうこともあるのです。もし、返済できなかったら、まずは督促状がきます。そして、その状況が他の家族や職場などに通知され、さらには職員が直接住居に訪ねて催促する事態に発展することもあります。

また、返済できていない期間は、遅延損害金が加算されていきますので、利子とは別でさらに負債額が増大していってしまいます。その点では、キャッシングでは一括払いが原則なので、返済できないような額を借りることがありません。利子は29.8%が適用される可能性が高くなるのですが、結局1回で返してしまうので、対した額にはなりません。そういう点も含めて、先の見通しが全く立てられないカードローンよりは、キャッシングを利用した方が管理はしやすいので、将来のためにも、少額であれば絶対にキャッシングが良くなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【どうしたらいい?】お金がない時はこの消費者金融で! All Rights Reserved.